昭和40年の漫画のカテゴリ記事一覧


昭和漫画"ボクらのヒーロー達"【新着記事】

カテゴリ:昭和40年の漫画

昭和40年の漫画のカテゴリ記事一覧。昭和の漫画には "忘れられない、ぼくらのヒーロー達" がいました 。S.30年〜40年代の少年漫画には"憧れのヒーロー達"が沢山いましたよね。なつかしい漫画雑誌の話やテレビ漫画の話を、当時の世相と共に振り返ります。

昭和40年の漫画
『カムイ外伝』は白土三平が先に連載した『カムイ伝』の主人公『カムイ』のみに焦点をあて描かれたスピンオフ作品でしたねtarget="_blank">カムイ外伝/白土三平(著者…

記事を読む

昭和40年の漫画
『ジャングル大帝』は手塚治虫の漫画で、アフリカのジャングルを舞台に、白ライオンの主人公レオを中心にして一家三代とムーンライトストーンを巡り争奪戦を繰り広げる人…

記事を読む

昭和40年の漫画
『W3(ワンダースリー)』は原作:手塚治虫 の漫画、及び「虫プロダクション」制作のテレビアニメで、最初は少年マガジンに連載開始されましたが「虫プロ」「少年マガジ…

記事を読む

昭和40年の漫画
昭和40年から昭和44年くらいに掛けては漫画の世界も物凄い勢いで次々に新しい昭和漫画が出てきますテレビのアニメやバラエティ番組、ドラマも数々が本格的に放送が開始さ…

記事を読む

カムイ外伝 白土三平 昭和40年〜42年

カムイ外伝』は白土三平が先に連載した
『カムイ伝』の主人公『カムイ』のみに焦点をあて
描かれたスピンオフ作品でしたね

カムイ外伝 (1) (小学館文庫)
カムイ外伝/白土三平(著者)

『カムイ伝』は前年昭和39年から「月刊漫画ガロ」で
連載がスタートし
一方この『カムイ外伝』は不定期連載で昭和40年から
少年サンデー」に連載されています

またこの不定期連載の『カムイ外伝』の登場人物が
『カムイ伝』第二部にも再登場するなど
頭を少し整理しながら読む必要があるかも知れませんね

カムイ伝』のページにも書きましたが
『カムイ外伝』はこの後昭和44年に『忍風カムイ外伝』として
アニメ放送されています

忍風カムイ外伝主題歌 OP ED YouTube動画


『カムイ』の必殺技に「変移抜刀霞斬り(へんいばっとうかすみぎり)」や
飯綱落し(いづなおとし)」という技がありましたが

私は「飯綱落し」が好きでした
自分の背丈より長い"丸太"を使って何度も練習を重ね
習得した「飯綱落し

この「飯綱落し」はイタチが山鳥に襲いかかり
イタチと共に空中に舞い上がった後
疲れ果てた山鳥がイタチの重さに耐え切れず
地面に叩きつけられる
その様を見て『カムイ』が編み出した技でした

ちなみに東北地方ではイタチの事を「飯綱」「イイズナ
と呼ぶそうですよ(本当かな? ^^;

抜忍となった『カムイ』は追手から身を隠し
さらに対決し「霞斬り」や「飯綱落し」で切り抜けていく
忍者漫画でしたが・・・

主人公『カムイ』を通じて人が生まれた時から背負っている
運命」とか「宿命」に対して
精一杯抗う姿を描いている作品でしたね

私は見ていませんが、平成21年には
監督:崔洋一
脚本:宮藤官九郎、崔洋一
主演:松山ケンイチ



により「映画化」されてましたね
漫画やアニメのイメージを損なわれたく無いので
見ようとは思いませんでしたが
面白かったんでしょうかね?


カムイ外伝 関連グッズ



カムイ外伝 飛天の酉蔵 (My First Big SPECIAL)カムイ外伝 飛天の酉蔵 (My First Big SPECIAL)
白土 三平

カムイ外伝-スガルの島- (ビッグコミックススペシャル) 忍法秘話 5 (My First Big SPECIAL) 忍法秘話 4 (My First Big SPECIAL) 忍法秘話 3 (My First Big SPECIAL) 忍法秘話 2 (My First Big SPECIAL)

by G-Tools

■白土三平:関連記事
サスケ 白土三平 昭和36年〜41年
忍者武芸帳 白土三平 昭和34年〜37年
少年忍者『風のフジ丸』 白土三平 昭和39年〜40年
カムイ伝 白土三平 昭和39〜46年

ジャングル大帝 手塚治虫 昭和40年〜41年

ジャングル大帝』は手塚治虫の漫画で、アフリカのジャングルを舞台に、
白ライオンの主人公レオを中心にして
一家三代とムーンライトストーンを巡り
争奪戦を繰り広げる人間たちの群像を描く昭和漫画でしたよね

ここではテレビアニメ(第一作)の年代として取り上げています
私が『ジャングル大帝』を知ったのはこのアニメが初めてで
冨田勲の壮大なイメージのオープニン曲が印象的でした

雑誌連載自体は、な〜んと!昭和25年までさかのぼり
漫画少年』に昭和29年まで全43話が連載されたのが始まりです

ジャングル大帝(1) (手塚治虫漫画全集 (1))
手塚治虫漫画全集 ジャングル大帝 1/手塚治虫【RCP】

テレビアニメはこの年昭和40年(第一作)を皮切りに、
平成21年の第四作まで制作されていますし

カラー長篇漫画映画化や『鉄腕アトム』に続きアメリカにも
Kimba the White Lion』としてアニメ販売もされています

ジャングル大帝 オープニング主題歌 Youtube動画


後に平成6年公開のディズニー映画『ライオン・キング』との類似性が
日本で話題になりましたが

ディズニー側の「模倣」を否定するコメントに対し
手塚治虫を敬う漫画家の「里中満智子」は
ディズニー作品を配給するブエナ・ビスタ・インターナショナルへ
質問状を送っています

その質問状には、ちばてつや、藤子・F・不二雄、水島新司、永井豪、
モンキー・パンチ、矢口高雄、一条ゆかり、弘兼憲史、杉浦日向子
ら約80名の
漫画家が賛同し、計488人の署名が添えらていたそうです

最終的には「手塚治虫がディズニーファン」で有ったことで
長男の手塚眞氏はディズニーと「事」を構えなかったらしいです

でも、もしこれが逆の構図だったなら
コテンパンにやられてるでしょうね、相手は世界の"ディズニー"ですからねぇ^^;


PC/スマホで 『ジャングル大帝』を無料で、立読みしてみる…?



主人公「レオ」のキャラクターも"埼玉西武ライオンズ"のキャラクターとして
定着していますが、何でも当時のオーナー「堤義明」氏から手塚治虫に
直接電話で依頼があったそうで、使用料は三千万円とか・・・

そして実はあの「レオ」のキャラクターイラストは
「レオ」では無く、レオの父親の「パンジャ」だという事を
手塚治虫は後に語っています

これは後々のアニメ制作の「版権問題」を複雑化させないための
手塚治虫の方便のようでもありますが・・・


ジャングル大帝』の昭和25年当時「漫画少年」に連載されていた
復刻版は現在3種類出ているようです


漫画少年版 ジャングル大帝 豪華限定版

漫画少年版 ジャングル大帝 普及版1


漫画少年版 ジャングル大帝 普及版2




虫プロダクション 公式
ジャングル大帝



ジャングル大帝 関連グッズ




■手塚治虫:関連記事
鉄腕アトム 手塚治虫 昭和38年〜41年
ビッグX(ビッグエックス) 手塚治虫 昭和39〜42年
W3(ワンダースリー) 手塚治虫 昭和40年〜41年
マグマ大使 手塚治虫 昭和40年〜42年
第17回手塚治虫文化賞 大賞は原泰久「キングダム」
手塚治虫 幻の作品「浮標島」ほか未発表原稿9枚発見される!

W3(ワンダースリー) 手塚治虫 昭和40年〜41年

W3(ワンダースリー)』は原作:手塚治虫 の漫画、及び「虫プロダクション」制作の
テレビアニメで、最初は少年マガジンに連載開始されましたが
「虫プロ」「少年マガジン」社内の「内通者騒動」が起こり

これを快く思わなかった、手塚治虫の意向によって
少年マガジンでの連載を、わずか6回で終了し
以後「少年サンデー」に連載を移して連載されました

W3(ワンダースリー) (第1巻) (Sunday comics)
サンデーコミックスW3(ワンダースリー)1/手塚治虫【RCP】

この「内通者騒動」は『W3(ワンダースリー)』の企画が
固まっていない間に、2度同じようなアニメ作品が他社から
発表された事によるものだと言われているんですが

この時期すでにテレビアニメは、放送局同士の熾烈な「視聴率争い」をしていて
まぁ〜、スポンサーがいるので当然と言えば当然なんですがねぇ^^;
手塚治虫も結構「ナーバス」になっていたんでしょうね〜

この年、後に「円谷プロ」の『ウルトラQ』や映画でも『大怪獣ガメラ』
翌年の昭和41年には『ウルトラマン』などの、いわゆる「特撮モノ」がヒットし
視聴率を競う相手は、アニメに留まらなくなっていきます・・・

W3(ワンダースリー)』は"マガジン"だったか"サンデー"のどちらか
の連載漫画を"散髪屋"で読んでましたね〜

漫画とアニメがほぼ同時期ということもあり
W3(ワンダースリー)』のアニメも割りと憶えています

PC/スマホで「W3(ワンダースリー)」を無料で、立読みしてみる…?



■W3(ワンダースリー)主題歌 第1話 Youtube動画



W3(ワンダースリー)の大まかなストーリーは

196x年、人類は相変わらず無益な戦争を繰り返し
その悪評ははるか遠くの銀河連盟の耳にも届いていた
そこで銀河連盟はW3(ワンダースリー)と呼ばれる
銀河パトロール要員の3人を地球に派遣して
1年間調査を行い、そのまま地球を残すか反陽子爆弾で消滅させるかを判断させることにした
「ボッコ」「プッコ」「ノッコ」の3人は地球の動物の姿を借り調査をすることにし
それぞれ「ウサギ」「カモ」「ウマ」となる

星真一少年は負傷していたW3を自宅の納屋にかばい
彼らと行動を共にすることになる
一方、真一の兄、光一は世界平和を目指す秘密機関フェニックスの一員として
工作活動に従事していた

その後、ブッコの不手際で地球を数秒で破壊してしまう反陽子爆弾が悪の組織に渡ってしまう
それを知ったW3や真一達は反陽子爆弾を取り戻そうと立ち向かう・・・




地球の動物「ウサギ」「カモ」「ウマ」に変身した宇宙人、ワンダースリーが
乗っていた「タイヤ型の乗り物」が印象的で
こんな乗り物に乗れたら、楽しいだろうなと思って見てましたよ

あの「タイヤ型の乗り物」はなんていう名前だったか?


貴方は憶えていますか?


    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

    ・

あの乗り物の名前は ビッグ・ローリーです^^;


W3(ワンダースリー)関連グッズ

W3 ワンダースリー (手塚治虫トレジャー・ボッ
クス)
W3 ワンダースリー (手塚治虫トレジャー・ボックス)
ワ
ンダースリー Complete BOX [DVD]
ワンダースリー Complete BOX [DVD]


W3(ワンダースリー)主な登場人物、キャラクター

星真一:主人公、地球人の少年。SF作家、星新一に由来する
ボッコ:W3の隊長、女性型の宇宙人。「ウサギ」
プッコ:W3の一人で階級は中尉。「カモ」
ノッコ:W3の一人で階級は兵長。「ウマ」メカに長けている
星光一:真一の兄。漫画家を装っているが秘密諜報機関「フェニックス」のメンバーF7号
エリゼ:星光一とコンビを組む「フェニックス」の女性隊員
馬場先生:真一の担任の先生
カノコ:二十二人兄弟の面倒を見ている女の子
五目:貧乏住まいをしている自称「科学者」

■手塚治虫:関連記事
鉄腕アトム 手塚治虫 昭和38年〜41年
ビッグX(ビッグエックス) 手塚治虫 昭和39〜42年
ジャングル大帝 手塚治虫 昭和40年〜41年
マグマ大使 手塚治虫 昭和40年〜42年
第17回手塚治虫文化賞 大賞は原泰久「キングダム」
手塚治虫 幻の作品「浮標島」ほか未発表原稿9枚発見される!

昭和40年(1965年)の世相・出来事

昭和40年から昭和44年くらいに掛けては
漫画の世界も物凄い勢いで次々に新しい昭和漫画が出てきます

テレビのアニメやバラエティ番組、ドラマも数々が本格的に
放送が開始されました

テレビアニメも「企画モノ」いわゆる放送局の
企画から生まれた"漫画原作なし"のアニメも制作されるように
なりました
これは放送局とアニメ制作会社が手がけるオリジナルアニメ
というところでしょうか

この"オリジナルアニメ制作"という流れは昭和漫画の「版権の問題」が
原作者との間でたびたび起こっていたからでしょうね〜

この年に発表された主な昭和漫画は

W・3(ワンダー・スリー)」手塚治虫
 (原作漫画連載とほぼ同時期にアニメ化)
カムイ外伝(忍風カムイ外伝)」白土三平
ハリスの旋風」ちばてつや
怪物くん」藤子不二雄・A
「ねこ目少女」梅図かずお
墓場の鬼太郎」水木しげる
ウルトラQ」 月刊少年ブック(集英社)
「フジ三太郎」サトウサンペイ(朝日新聞)

この年放送されたオリジナルアニメは

スーパージェッター
「宇宙人ピピ」
宇宙少年ソラン
宇宙エース
遊星少年パピイ

原作漫画のあるアニメ
オバケのQ太郎」 藤子不二雄
ジャングル大帝」手塚治虫

あと、個人的に忘れられない怪獣映画大怪獣ガメラもこの年
上映されました
これ私が初めて親に連れて行ってもらった怪獣映画だったんです^^;

今でも初めて見たスクリーンに映る白黒の『ガメラ』の姿を
鮮明に覚えていますよ〜

■大怪獣ガメラ 予告編Youtube動画


またテレビドラマでは
ザ・ガードマン
素浪人月影兵庫
人形佐七捕物帳
青春とは何だ
NHKでは『大河ドラマ 大閤記
などが放映され
テレビはご楽的要素を益々兼ね備えていきます

■ザ・ガードマン オープニング Youtube動画


そして、これまた漫画には全く関係なのですが^^;
この年放送を開始して以後、24年間も放送された夜の番組・・・

そう!11PMイレブンPMが始まりました
この頃私はまだ小さかったので、『11PM』の存在は全く知りませんでしたが
数年後にこの番組の存在を知り親の目を盗んで見るようになりました^^;

♪イー!サバダバ ♪サバダバサバダバ〜♪サバダバサバダバ〜
♪ドゥワァ〜!
というオープニング曲で始まり・・・

■11PM オープニング Youtube動画


「野球は巨人、司会は巨泉の大橋巨泉と」


「朝がまるで弱い朝丘雪路です」



な〜んていう掛け合いで始まってましたね〜

放送内容については、あえてここでは触れませんが
今じゃ考えられないような放送内容で
性に目覚めた「少年」にはタマラン番組でしたよね^^;

そしてこの年HITした流行歌は

越路吹雪 「ラストダンスは私に
和田弘とマヒナスターズと田代美代子 「愛して愛して愛しちゃったのよ
菅原洋一 「知りたくないの

なんかが流行ってましたね〜

■越路吹雪 ラストダンスは私に Youtube動画


■田代美代子・マヒナスターズ 愛して愛して愛しちゃったのよ Youtube動画 


■菅原洋一 知りたくないの Youtube動画


昭和36年の漫画記事
昭和37年の漫画記事
昭和38年の漫画記事
昭和39年の漫画記事

昭和40年の世相

■アイビー族登場
■エレキブーム
■ピンク映画さかん
■国鉄にみどりの窓口登場

昭和40年の昭和漫画

W・3(ワンダー・スリー)
カムイ外伝(忍風カムイ外伝)
ハリスの旋風
怪物くん
●ねこ目少女
墓場の鬼太郎
ウルトラQ
●フジ三太郎
 
昭和40年のオリジナルアニメ
スーパージェッター
●宇宙人ピピ
宇宙少年ソラン
宇宙エース
遊星少年パピイ

昭和40年の漫画原作のあるアニメ
オバケのQ太郎
ジャングル大帝

昭和40年のテレビ番組

・大河ドラマ 大閤記 (NHK)
・踊って歌って大合戦 (日本テレビ)
・エド・サリバンショー The Ed Sullivan Show
・ペイトンプレイス物語 Peyton Place
・連続テレビ小説 たまゆら (NHK)
・ザ・ガードマン (TBS)
・おかあさんの勉強室 (NHK)
・小川宏ショー (フジテレビ)
・0011ナポレオン・ソロ The Man from U.N.C.L.E.
・オバケのQ太郎 (TBS)
・ジャングル大帝 (フジテレビ)
・素浪人月影兵庫 (テレビ朝日)
・青春とは何だ (日本テレビ)
・11PM (日本テレビ)
・FBI (TBS)
・チコちゃん日記 (NHK)
・人形佐七捕物帳 (NHK)

昭和40年の流行歌

1.ラストダンスは私に(越路吹雪)
2.ウナセラディ東京(和田弘とマヒナスターズ)
3.悲しき願い(尾藤イサオ)
4.女の意地(西田佐知子)
5.愛して愛して愛しちゃったのよ(和田弘と
 マヒナスターズと田代美代子)
6.ナポリは恋人(弘田三枝子)
7.ごめんね・・・ジロー(奥村チヨ)
8.赤坂の夜は更けて(西田佐知子)
9.下町育ち(笹みどり)
10.さよならはダンスの後に(倍賞千恵子)
11.チキン・オブ・ザ・シー(ジャニーズ)
12.まつのき小唄(二宮ゆき子)
13.くやしいじゃないの(森山加代子)
14.赤いグラス(アイ・ジョージ・志摩ちなみ)
15.ワン・レイニー・ナイト・イン・トーキョー
  (越路吹雪)
16.サン・トワ・マミー(越路吹雪)
17.柔(美空ひばり)
18.二人の世界(石原裕次郎)
19.私を愛して(奥村チヨ)
20.涙くんさよなら(和田弘とマヒナスターズ)
21.アンジェリータ(ダーク・ダックス)
22.朝日のあたる家(ダニー飯田とパラダイスキング)
23.夢みるシャンソン人形(弘田三枝子)
24.恋する瞳(伊東ゆかり)
25.スエーデンの城(岸洋子)
26.夏の日の思い出 (日野てる子)
27.君に涙とほほえみを(布施明)
28.知りたくないの(菅原洋一)
29.砂に消えた涙(弘田三枝子)
30.アイドルを探せ(中尾ミエ)

昭和40年の世相

01/11 中央教育審議会「期待される人間像」中間発表
01/20 日航、海外団体旅行用の「ジャルパック」発売
02/10 社会党・岡田春夫、衆院予算委で防衛庁統幕会議の極秘資料"三矢研究"追究
02/20 アンプル入り風邪薬による死者続出、製薬会社、販売自主規制
02/22 北炭夕張炭坑でガス爆発、62人死亡
03/06 山陽特殊製鋼、会社更正法適用申請
03/14 作家・戸川幸夫が西表島で発見したヤマネコが新種と鑑定される(イリオモテヤマネコ)
03/16 東京都議会議長選挙をめぐる汚職事件摘発、6月までに11議員逮捕
04/01 東京電力、電気料金の銀行口座振替制を開始。11.1には都の水道料金も
04/24 ベ平連主催、初のデモ行進
05/22 東京農大ワンダーフォーゲル部の新入生訓練で1人死亡、25日主将ら逮捕
06/01 福岡県山野炭坑でガス爆発、237人死亡
06/12 家永三郎、教科書検定を違憲とし、国に対し民事訴訟起こす
06/22 日韓基本条約ほか関係4協定調印
06/26 川崎の急造宅地で土砂崩れ、24人死亡
07/04 吉展ちゃん事件(38年3月)の容疑者・小原保逮捕(5日都の円通寺で遺体発見)
07/04 第7回参議院議員選挙
07/29 神奈川県座間町で警官2人殺傷の少年ライフル魔、渋谷の銃砲店で店員を人質に警官隊
    と銃撃戦.16人負傷
08/03 松代群発地震(〜42年)
09/24 国鉄「みどりの窓口」開設。コンピュータによる特急券指定券を販売。旅行が便利に
10/5〜7 台風の影響でマリアナ海域で漁船7隻遭難、死者・不明209人
10/21 朝永振一郎にノーベル物理学賞授与と発表
11/17 プロ野球ドラフト制始まる。巨人・堀内恒夫、阪神・藤田平、阪急・長池徳二、近鉄・鈴木啓示ら
11/18 関係閣僚懇談会、新東京国際空港建設地を千葉県富里村に内定
11/29 初の「コンピュータ白書」台数は世界二位
12/13 四〇年の造船進水量が一〇年連続の世界一位
12/20 東大・名大・群馬大各附属病院の無給医局員三四〇人、身分保証を要求し初の診療拒否
"お茶飲み博士"のブログへ
ようこそ
otyanomi.png

このブログは、管理人が生まれ育った昭和30年代からの漫画やアニメについて、当時の出来事を振り返りながら綴っています。詳しくは、ごあいつ をご覧ください


↓ 各漫画の記事ページに飛びます



サイト内記事検索
 

カテゴリ

ファン
相互リンクサイト様

相互リンク募集中です!
漫画、アニメ、懐メロなど関連サイト運営の
方コメント欄からお願いします^^;
フィードメーター - 昭和漫画"ボクらのヒーロー達"FX
無料 アクセス解析
QLOOKアクセス解析


最近のコメント
Tag Key Words
Copyright © 昭和漫画"ボクらのヒーロー達" All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます