漫画・アニメニュースのカテゴリ記事一覧


昭和漫画"ボクらのヒーロー達"【新着記事】

カテゴリ:漫画・アニメニュース

漫画・アニメニュースのカテゴリ記事一覧。昭和の漫画には "忘れられない、ぼくらのヒーロー達" がいました 。S.30年〜40年代の少年漫画には"憧れのヒーロー達"が沢山いましたよね。なつかしい漫画雑誌の話やテレビ漫画の話を、当時の世相と共に振り返ります。
フ..

漫画・アニメニュース
ファミコンゲーム『ドラゴンクエスト』誕生から30週年を記念して、キャラクターデザインを手掛けた鳥山明氏の手により30年間描かれてきたイラスト500点以上を収録…

記事を読む

漫画・アニメニュース
「宇宙怪物図鑑」立風書房 完全復刻版好奇心旺盛で感受性の高かった子供の頃、科学的に説明の付かない幽霊の話や、地底人や火星人の話に、少なからず「恐怖心」を抱いた…

記事を読む

漫画・アニメニュース
赤塚不二夫 原作のギャグ漫画「おそ松くん」が故、赤塚不二夫の生誕80週年を記念し大人になった「おそ松さん」として、今年2015年にアニメ化されることが発表され…

記事を読む

漫画・アニメニュース
いや〜懐かしいですね〜手塚治虫原作の実写版「マグマ大使」が2016年、放送開始50週年を記念して「マグマ大使」がHDリマスター版 BD BOX になって帰ってきます【送…

記事を読む

漫画・アニメニュース
「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」ビジュアル (c)さくらプロダクション / 日本アニメーションわが家の日曜夕方6時の定番テレビ番組と言えば「ちびまる…

記事を読む

漫画・アニメニュース
【送料無料】赤塚不二夫80年ぴあ漫画家 赤塚不二夫の生誕80周年を記念したムック本「赤塚不二夫80年ぴあ」が5月22日に発売されますギャグ漫画の王様としてひたしまれた作…

記事を読む

漫画・アニメニュース
昨年11月22日に公開された前編『アニメ劇場版「進撃の巨人」〜紅蓮の弓矢〜』に続き本年6月27日には、後編『アニメ劇場版「進撃の巨人」〜自由の翼〜』の公開が迫ってい…

記事を読む

漫画・アニメニュース
石ノ森章太郎原作の『仮面ライダー』は昭和46年4月から毎週土曜夜7時から7時30分に放送されました誕生以来40年以上経った今、仮面ライダーとして設定されたキャラクラー…

記事を読む

漫画・アニメニュース
昭和47年から週刊少年マガジンに連載された永井豪原作『デビルマン』テレビアニメも同じ年から放送が開始されましたが、驚くべきはその放送時間帯でしたなんと、土曜夜の…

記事を読む

漫画・アニメニュース
松本零士原作の『銀河鉄道999』を特集したムック「銀河鉄道999大解剖」が発売されました昭和52年「少年キング」に連載され、第23回小学館漫画賞を受賞した松本零士の代表…

記事を読む

ドラクエ生誕30年 鳥山明ドラゴンクエスト イラストレーションズ



ファミコンゲーム『ドラゴンクエスト』誕生から30週年を記念して、キャラクターデザインを手掛けた鳥山明氏の手により30年間描かれてきたイラスト500点以上を収録した
『鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ』が発売されました

『ドラクエ』が誕生してからもお30年ですか?月日の流れは早いものですね
ゲームデザイナーの堀井雄二氏が制作し、キャラクターデザインを鳥山明氏が担当、音楽はすぎやまこういち氏によるものでしたね

私は当時から、ファミコンは持っていましたが「RPG」がどうも苦手で主に『ゼヴィウス』に代表されるようなシューティング系のゲームで遊んでいましたが
ロールプレイングゲームにあまり興味がなかった私ですが、当時新作の『ドラクエ』が発売されるたびに、何日も前から店頭に徹夜で並んでまで手に入れたい人たちが長蛇の列を作る姿が放送され、当時の社会現象になっていました

『ドラクエ』が誕生から30年で、パッケージゲームの累計出荷本数は6400万本以上(27作品)にも及び、2014年6月、「最も長く続いている日本のRPG」でギネスブックにも掲載されています

今回発売された『鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ』は、ホログラム加工されたボックス入りの豪華ハードカバー仕様で、高精細5色印刷によりイラストをできる限り原画に近い鮮やかな色で再現し
ファミリーコンピュータ『ドラゴンクエスト』から『ドラゴンクエストX』までのナンバリングタイトルはもちろん、スピンオフシリーズのイラスト、さらに『ドラゴンクエストXI』から主人公の設定やゲーム内に未登場のモンスター設定画や、史上初公開のイラストも数点含まれており、ドラゴンクエストを愛する人にはたまらないものとなっています

2016/5/27発売 鳥山明 ドラゴンクエスト イラストレーションズ

「宇宙怪物図鑑」立風書房 完全復刻版が発売

「宇宙怪物図鑑」立風書房 完全復刻版

好奇心旺盛で感受性の高かった子供の頃、科学的に説明の付かない幽霊の話や、地底人や火星人の話に、少なからず「恐怖心」を抱いた経験がお有りではないでしょうか?


【送料無料選択可!】宇宙怪物図鑑 復刻版

私は、小学校低学年の時に見た「半魚人」という映画が忘れられません
ストーリーは余り憶えていないのですが、海沿いの村人が次々に行方不明になり「半魚人」にされてしまい、再び村人を襲い・・・
という、吸血鬼の半魚人版とでもいうような映画でしたが

吸血鬼の見た目は、さほど怖いですが映画に出てきた「半魚人」の姿は
なんというか、妙にリアルで当時の私にとっては、ションベンちびる位に恐怖を覚え
夜中に一人でトイレに行けなかったのを思い出します^^;

そうゆう奇怪で恐怖に溢れた生物ばかりを特集した「宇宙怪物図鑑」という復刻本が発売されます
表紙のイラストを見ると、なんか懐かしい絵柄で子供の頃の郷愁を誘いますね
宇宙怪物図鑑」は昭和55年に、立風書房(現・学研パブリッシング)が発売したものの復刻版で「ジャガーバックス」シリーズの一冊です

utyukaibutu-1.jpg


utyukaibutu-2.jpg


「火星人」「チタン人」「人類を支配する寄生虫(マスター)」をはじめとした、SF作品に登場する宇宙人や宇宙生物などが掲載されています。現代の印刷技術により、カラーページまですべて修復した完全復刻版で、やたらと不気味な独特のタッチのイラストが懐かしい!

イラストレーターも、小井土繁、藤井康文、つだかつみ など独特のタッチで当時多くの子供を魅了した作家の全面協力で当時を再現しています

子供の頃は怖がりでしたが、今なら大丈夫(きっと?) ^^;
コレクターズ・アイテムとしてもいいですね

発売は8月20日の予定で、予約を受け付けています





マイナー、メジャーは関係なし!古今東西あらゆるSF小説・映画に登場する宇宙人・宇宙怪物を多数網羅!超ヘビー級の伝説の図鑑が、満を持して復刊! 復刊ドットコム社内では、これは復刊は難しいだろう…と、囁かれているタイトルがいくつか存在します。

本作『宇宙怪物図鑑』も、そんなタイトルのうちの一つでした。このたび、学研パブリッシングの全面協力のもと、偶然かつ奇跡的に入手できた原本をもとに、完全復刻という形で『宇宙怪物図鑑』復刊が実現します。

SFファンの方、必見です! それではまず、この本の元にもなった立風書房(現・学研パブリッシング)の「ジャガーバックス」シリーズの説明から。

■「ジャガーバックス」シリーズとは!?

「格好いいもの」「怖いもの」「ワクワク夢中にさせるもの」…といった、特に男子の興味関心のすべてを、児童向けにレーベル化した、立風書房(現:学研パブリッシング)より刊行された人気シリーズ。1972年頃から1983年頃まで、ハードカバーの約60冊が刊行されました。

その後、1985年から1990年頃までのソフトカバーの「ビッグジャガーズ」(約20冊刊行)、「ポケットジャガー」、「ジャガー・サイエンス」といったシリーズもあり、長年子どもたちを楽しませて(トラウマを与えて)きました。

この「ジャガーバックス」が扱う分野は多岐に渡り、ミリタリーものや雑学系、乗り物、スポーツ、アニメ系などもありますが、やはり多くの読者(=子どもたち)にとって興味の中心は、オカルト・怪奇系、またはミステリー系であり、その人気はリクエスト数にあらわれています。

今回復刊する『宇宙怪物図鑑』は、珍本奇本ずくしの「ジャガーバックス」シリーズの中でも、極めつけのレア本。とにかくほんとうに貴重で、すんごい本なのです! これ以上は語り尽くせぬその魅力は、ぜひ実物を実際にお手に取ってご堪能ください!

☆☆☆本書の5大特長☆☆☆

1.ビッグタイトルの完全復刻! 累計リクエスト290票を誇るタイトル(2015年6月現在)は、「ジャガーバックス」シリーズの中でも一番のリクエスト数!

2.入手が極めて難しい。オークションに出品されることすら滅多にない稀少品!

3.豪華イラストレーターも全面協力! 小井土繁、藤井康文、つだかつみという、独特のタッチで多くの少年たちを魅了したイラストレーターたちが全面協力。妖艶且つトラウマティックなイラストレーションは、一度見たら忘れられない。

4.原画を超える美しさ!? 現在最高の印刷技術を誇る図書印刷によるこの美麗な誌面を堪能せよ! 美しいカラーページもすべて修復!

5.帯にはあの、矢追純一氏が推薦文を執筆!


■収録内容 『宇宙怪物図鑑(復刻版)』(1980年11月 立風書房発行版)を完全復刻。
  ※本書は、1980年に立風書房より出版された『宇宙怪物図鑑』を底本に出版するものです。

「おそ松さん」大人になった「おそ松くん」TVアニメ化

news_xlarge_osomatushin1.jpg


赤塚不二夫 原作のギャグ漫画「おそ松くん」が故、赤塚不二夫の生誕80週年を記念し
大人になった「おそ松さん」として、今年2015年にアニメ化されることが発表されました


原作の「おそ松くん」は昭和37年〜昭和42年に掛け「週刊少年サンデー」に連載
テレビアニメになったのは、昭和41年からと、昭和63年の2回に渡りアニメ化されています
今回の新しいアニメ「おそ松さん」の詳細はまだ発表されていませんが
その後の「おそ松くん」的な位置づけで、原作とは別物と思った方がいいでしょう


おそ松さん」にはお馴染みのキャラクターとして
イヤミチビ太デカパンダヨ〜ンのおじさんも登場するとの事なので
往年の赤塚不二夫ファンにも楽しめるかも知れませんね^^;

テレビアニメ『おそ松さん』公式サイト
http://osomatsusan.com/

■赤塚不二夫:関連記事
おそ松くん 赤塚不二夫 昭和37年〜42年
天才バカボン 赤塚不二夫 昭和42年〜53年
もーれつア太郎 赤塚不二夫 昭和42年〜45年
「赤塚不二夫80年ぴあ」発売、ウナギイヌ手ぬぐい付き!



TVアニメ「おそ松さん」は、松野家に生まれた6つ子を主役とするハイテンション・コメディ。大人になった6つ子のほか、彼らが憧れるトト子、何があってもへこたれないチビ太、「シェー」と叫ぶギャグが国民的流行語にもなったイヤミ、縦縞模様のパンツが印象的なデカパン、口癖がそのまま名前になったダヨーンなど、原作に登場する強烈なキャラクターが勢揃いする。またベランダに並んだ6つ子が描かれたティザービジュアルと、6つ子のコメントが掲載された新聞風の「おそま通信」も公開された。

監督は「銀魂」などで知られる藤田陽一、キャラクターデザインは「聖☆おにいさん」の浅野直之がそれぞれ務める。アニメーション制作はstudioぴえろが担当。

マグマ大使がHDリマスター版 BD BOXで帰ってくる!

いや〜懐かしいですね〜
手塚治虫原作の実写版「マグマ大使」が2016年、放送開始50週年を記念して
「マグマ大使」がHDリマスター版 BD BOX になって帰ってきます


【送料無料】マグマ大使 Blu-ray BOX 【BLU-RAY DISC】

当時は怪獣モノが大流行で、確か「ウルトラQ」も放送していた頃ですね
元々TBSの「ウルトラQ」に視聴率を奪われたフジテレビが
対抗して作ったのが実写版「マグマ大使」でしたから


TBSの「ウルトラQ」が昭和41年7月3日で放送終了し、フジテレビの「マグマ大使」の放送開始が同年の7月4日からって、なんかビミョウな感じしますね^^;
ウルトラQ」は石坂浩二の淡々としたナレーションで始まる、単に”怪獣モノ”と言う単純な枠ではくくれない、不気味な魅力があり
テレビに釘付けになっていたのを思い出します


一方「マグマ大使」は勧善懲悪のヒーロー物で、単純明快でした
マグマ大使」の一番すごいところは・・・
それは、作品の内容では無く
日本初の全話カラー放送された特撮ドラマ』という称号^^;



マグマ大使」のあと「ウルトラマン」もカラー放送で登場するのですが
惜しくも、13日遅れになってしまいました
しかし、視聴率争いでは「ウルトラマン」が子供たちの絶大な支持を得て、勝利するのですが・・・


また、原作漫画「マグマ大使」のほうも、当時メチャクチャ売れっ子の手塚治虫は「マグマ大使」の後半を自分で描くことが出来なくなり、やむなく別人に代筆を頼むようになり
後年、代筆部分を自身の名義の作品として容認できず、単行本化はされていません


そんな手塚治虫原作の「マグマ大使」のHDリマスター版 BD BOXが9月30日に発売されます
お値段・・・なんと 50,000円^^;



posted with

BD BOXの中には、2009年発売のDVD-BOXに収録されていた映像特典やフルカラーブックレットを復刻して封入し、パイロットフィルムや英語版『SPACE AVENGER』なども収められており、特典CDには「マグマ大使 BGMコレクション」に加えて、初CD化の「マグマ大使 主題歌・効果音・ドラマコレクション」も加えられ、新たに制作した28ページのフルカラーブックレットも付属しています

プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを

ちびまる子ちゃん 1.jpg
「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」ビジュアル (c)さくらプロダクション / 日本アニメーション

わが家の日曜夕方6時の定番テレビ番組と言えば「ちびまる子ちゃん」が定番です
で、そのままチャンネルを変えずに、お決まりの「サザエさん」という鉄板の流れで夕食になだれ込みます^^;

どちらも、昭和の香りがして何故だかなんとなく毎週観てしまいます
サザエさん」もずいぶんご長寿番組になりましたが、さくらももこ原作の「ちびまる子ちゃん」も放送25週年になるんですね〜
サザエさん」同様放送開始から、アニメのタッチも随分変わりましたが不変です

で、放送25週年を記念して「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」という「ちびまる子ちゃん」のプラネタリウムが制作されました
ちびまる子ちゃん.2.jpg
星座に興味を持ったことをキッカケに、「黄道12星座」「太陽系惑星」などを学んでいくオリジナルストーリーになっていて、親子で楽しめる内容だそうです

  • 東京はスカイツリータウンで公開予定
「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」コニカミノルタプラネタリウム“天空”in東京スカイツリータウン
上映期間:2015年7月18日(土)〜8月31日(月)
上映時間:11:00の回
チケット料金:大人(中学生以上)1100円、子ども(4歳〜小学生)500円

  • その他の上映予定は
「プラネタリウム ちびまる子ちゃん 星にねがいを」主な上映館
京都府・文化パルク城陽:2015年6月4日(木)〜
東京都・府中市郷土の森博物館:2015年6月6日(土)〜
神奈川県・藤沢市湘南台文化センター こども館:2015年6月6日(土)〜
愛知県・半田空の科学館:2015年6月6日(土)〜
岐阜県・岐阜市科学館:2015年6月6日(土)〜
香川県・さぬきこどもの国:2015年6月6日(土)〜
群馬県・ぐんまこどもの国児童会館:2015年6月13日(土)〜

お子様とご一緒に、子供の頃に感じた神秘的な想いを改めて体験するのもいいですね^^;

「赤塚不二夫80年ぴあ」発売、ウナギイヌ手ぬぐい付き!

akatsukafujio_1.jpg
【送料無料】赤塚不二夫80年ぴあ

漫画家 赤塚不二夫の生誕80周年を記念したムック本「赤塚不二夫80年ぴあ」が5月22日に発売されます
ギャグ漫画の王様としてひたしまれた作品は、「天才バカボン」「おそ松くん」「ひみつのアッコちゃん」「もーれつア太郎」「レッツラゴン」などがあります
また、登場するキャラクター達もひと癖も、ふた癖もあり個性的でしたね
「おそ松くん」のおでんを持って走り回るチビ太、「天才バカボン」の本官さん、レレレのおじさん、ウナギイヌ、「もーれつア太郎」デコッパチ、ケムンパス、ベシ、子供の頃が蘇ります

今回発売される「赤塚不二夫80年ぴあ」には、氏がこの世に送り出したキャラクターを一堂に紹介した一冊です
●「あなたが選んだ!人気赤塚キャラ80(+α)」
●「赤塚不二夫の80年」
● 著名人、フォロワーたちによる「赤塚不二夫ファン倶楽部」
●「赤塚不二夫を旅行する……赤塚不二夫観光」他


現在、「赤塚不二夫80年ぴあ」公式サイトで「赤塚不二夫80年ぴあ」赤塚ワールドの人気キャラクター・ランキング投票などを受付中です
好きなキャラクターに一票投じてみるのもいいかも知れませんね

「赤塚不二夫80年ぴあ」公式サイト


また「赤塚不二夫80年ぴあ」にはウナギイヌがデザインされた手ぬぐいと、赤塚不二夫が描かれたピンナップポスターが付録として付いているほか
オンラインストアの「BOOKぴあ」で予約すると更に特典として、オリジナルトートバッグがプレゼントされます
akatsuka.jpg
「BOOKぴあ」⇒ piabook.com/shop

今年は、郵政省から赤塚不二夫のキャラを用いた記念切手が発売されるほか、5月にはFROGMANによるスピンオフ映画「天才バカヴォン〜蘇るフランダースの犬」が公開されるなど何かとメモリアルな一年になりそうですね^^;

akatsukafujio_5.jpg
【送料無料】赤塚不二夫80年ぴあ

赤塚不二夫 関連記事
おそ松くん 赤塚不二夫 昭和37年〜昭和42年
天才バカボン 赤塚不二夫 昭和42年〜昭和53年
もーれつア太郎 赤塚不二夫 昭和42年〜昭和45年
「少年漫画」とトキワ荘の時代 東京・森下文化センターにて
赤塚不二夫「レッツラゴン」展 森下文化センターで開催


実写版『進撃の巨人』90秒の予告映像&ポスター第2弾公開

shingeki.jpg昨年11月22日に公開された前編『アニメ劇場版「進撃の巨人」〜紅蓮の弓矢〜』に続き
本年6月27日には、後編『アニメ劇場版「進撃の巨人」〜自由の翼〜』の公開が迫っています
4月18日から全国の上映館で、特典付きの前売り鑑賞券とムビチケカードの販売も開始されます
ムビチケカード(1,500円)には同じビジュアルのリヴァイエルヴィンの絵柄と劇場版のメインビジュアルを使用したものの2種類あり、絵柄はランダムに配布されるので選べないそうです

shingeki01.jpgそして、今年夏・秋に公開予定の実写版、前編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN」と後編「進撃の巨人 ATTACK ON TITAN END OF THE WORLD」の新しいポスタービジュアルと、予告映像90秒が公開されました
実写版のキャスト発表時に話題になりましたが、アニメ版には登場しないキャラクター設定が多数あることと
逆に、このキャラいないとダメでしょ!というキャラが入っていないのが気になりますね〜どうストーリー展開するんでしょう?




登場キャラクターと配役をわかる限り整理すると
アニメに登場したキャラクター
エレン・イエーガー(三浦春馬)  ●ミカサ・アッカーマン(水原希子)  
アルミン・アルレルト(本郷泰多) ●ハンジ・ゾエ(石原さとみ)
ジャン・キルシュタイン(三浦貴大)●サシャ・ブラウス(桜庭ななみ)  

映画オリジナルキャラクター
ソウダ(ピエール瀧)  ●サンナギ(松尾論)  ●ヒアナ(水崎綾女)  
フクシ(渡部秀)    ●リル(武田梨奈)   ●クバル(國村隼)
シキシマ(長谷川博己)  

と書き出してみたらオリジナルキャラの方が多い位ですやんか〜
エルヴィン・スミスリヴァイ兵長はどこ行った〜^^; 女型(めがた)巨人の存在はどうすんネン!

と、ツッコミどころ満載で観てみないことには何ともって感じですかね
私と同じようにアニメ版のイメージが焼き付いた状態で、この実写版を観るとガッカリするかもですね

ちなみに、実写版の前売りチケットも4月25日から始まるそうで、前後編のセット券を購入すると3枚組のクリアファイルセットが特典として貰えるそうです


劇場版「進撃の巨人」前編〜紅蓮の弓矢〜


純金製100gの「仮面ライダー新1号」発売、価格は555万円

石ノ森章太郎原作の『仮面ライダー』は昭和46年4月から毎週土曜夜7時から7時30分に放送されました
誕生以来40年以上経った今、仮面ライダーとして設定されたキャラクラーの数はなんと100を超えるそうです

仮面ライダー新1号.jpg


そんな中で、今回純金製の「仮面ライダー新1号」が発売されました
大、小二種類あり、大は全長200ミリ、重さ100gで価格はなんと、555万円です^^;
小は全長100ミリ、重さ35g、価格は77万円

今回製作されたのが「仮面ライダー1号」では無く「仮面ライダー新1号」というところがマニア心をくすぐりますね

ウルトラマンなどに代表される"変身ヒーロー"が流行っていたこの時代に、石ノ森章太郎が敢えて"等身大ヒーロー"に拘って創作された『仮面ライダー』

ご存知の通り、仮面ライダー1号は科学者でも有りオートレーサーでも有る本郷猛(藤岡弘)ですが、第9話・10話の撮影中のバイク転倒事故により半年間撮影ができなくなり
急遽「本郷は海外のショッカー支部との戦いに赴き、そのあとを継ぐ新しい仮面ライダーが登場する」という新展開で、一文字隼人(佐々木剛)の仮面ライダー2号の登場となりました

約2年間で98話放送された「仮面ライダー」の中で長期リハビリから藤岡弘が復帰したのは、第40話からですから3分の1はライダー2号(佐々木剛)に支えられた形でした
復帰した仮面ライダー新1号は、外観を一新し野性的な革ジャンにジーンズ姿で、変身ポーズも「ライダー、変身!」と名乗る新しい変身ポーズに変更されました
この時大怪我からの復帰を諦めていたら、今の藤岡弘は無かったかもしれませんね〜^^;

しかしこんな高額の金のフィギュアって、一体誰が買うんでしょうか?

純金製の「仮面ライダー新1号」は4月24日から4月25まで徳力本店の「春の逸品会」で初公開され
販売も同日から徳力本店でも開始、2015年12月31日まで行われます
全国の有名百貨店などでも取り扱われる予定だそうです

お金の使い道で、お困りの方は1体いかがでしょうか^^;


徳力本店
http://www.tokuriki-kanda.co.jp/


悪魔、目覚める。『デビルマン』新作アニメ制作発表

デビルマン.jpg

昭和47年から週刊少年マガジンに連載された永井豪原作『デビルマン』
テレビアニメも同じ年から放送が開始されましたが、驚くべきはその放送時間帯でした
なんと、土曜夜の8時30分から30分枠でやってたんですから信じられますか?



これには理由があって、当時土曜の夜8時からと言えば「お化け番組」と呼ばれたドリフターズの『8時だョ!全員集合』(TBS系列)に対抗しての異例の夜8時台の放送になったそうです
うちの家でも土曜といえば『8時だョ!全員集合』を家族で大笑いしながら見てましたもん

今から思うと「全員集合」って今みたいなVTRじゃ無くて、生放送だったんですよね〜
しかも、毎週どこかの公会堂みたいな所から生放送してたから関係者は大変だったでしょうね^^;

そんなオバケ番組の裏番組でしたから「全員集合」のコマーシャルタイムに、家族の視線を気にしながらチャンネルをガチャガチャっと回して、チョットだけ見ていたのを憶えています

原作漫画のホラーな感じに比べて、アニメ版は一話完結の勧善懲悪のストーリーで全39話が放送されました
主人公の不動明が「デッビィ〜ル!」と言ってデビルマンに変身するのを真似るのは学校での定番の遊び方でした

話がグダグダですが^^; そんな「デビルマン」がこの秋に新アニメとしてイベント公開されるそうです
アニメ制作は『ガールズ&パンツァー』や『鋼鉄神ジーグ』などで知られるアクタスが手掛け
現段階では制作会社以外、監督、スタッフは発表されていません

公開されたビジュアルには「悪魔、目覚める。」「今秋、降臨。」とキャッチが入っていますが
どんな新しい「デビルマン」を観せてくれるのか今から楽しみですね〜^^;



銀河鉄道999大解剖ムック本発売

松本零士原作の『銀河鉄道999』を特集したムック「銀河鉄道999大解剖」が発売されました
昭和52年「少年キング」に連載され、第23回小学館漫画賞を受賞した松本零士の代表作でしたね
テレビアニメ化や劇場版アニメにもなり、『宇宙戦艦ヤマト』シリーズとともに1980年代初めに松本零士ブームを巻き起こしました

銀河鉄道999大解剖.jpg
サンエイムック銀河鉄道999大解剖 完全保存版

舞台は、銀河系の各惑星が銀河鉄道と呼ばれる宇宙空間を走る列車で結ばれた未来世界
多くの裕福な人々は機械の身体に魂を移し替えて機械化人となり永遠の生を謳歌していたが、貧しい人々は機械の身体を手に入れることができず、機械化人の迫害の対象にされていた
そんな中、機械化人に母親を殺された主人公の星野鉄郎が無料で機械の身体をくれるという星を目指し、謎の美女メーテルとともに銀河超特急999号に乗り込み宇宙を旅する・・・



今回発売された「銀河鉄道999大解剖」はストーリーをツアーガイド風に紹介したコーナー、アニメと漫画を比較した記事や「銀河鉄道大時刻表」など松本零士氏のインタビューはもちろん、松本作品のメカニックデザインを手がける板橋克己氏のインタビュー、アニメ映画主題歌を作曲したタケカワユキヒデ氏、自他ともに認めるファンの漫画家・島本和彦氏、麻宮騎亜氏、早瀬マサト氏などのインタビューなどが掲載されており、松本零士を語る上でも貴重な資料になる一冊です

因みに原案は、宮沢賢治の『銀河鉄道の夜』とモーリス・メーテルリンクの『青い鳥』をヒントに、松本零士がSLに乗って東京へ行った青春時代の体験が基になって執筆されたそうですよ^^;


サンエイムック銀河鉄道999大解剖 完全保存版



■松本零士:関連記事
松本零士 未発表 蜜蜂の冒険など初期作品集 限定版BOX発売
光速エスパー 松本零士 版 復刻限定BOX発売
松本零士 漫画家生活60周年記念展「松本漫画の華麗なる宇宙展」
「松本零士の世界」原画や秘蔵コレクション公開4月26日から福岡アジア美術館で
松本零士デザインの万年筆「SAILOR9」500点限定で発売
『宇宙戦艦ヤマト2199』33年ぶりのテレビアニメ好発進
映画「キャプテンハーロック」製作費3000万ドルの最新映像公開


"お茶飲み博士"のブログへ
ようこそ
otyanomi.png

このブログは、管理人が生まれ育った昭和30年代からの漫画やアニメについて、当時の出来事を振り返りながら綴っています。詳しくは、ごあいつ をご覧ください


↓ 各漫画の記事ページに飛びます



サイト内記事検索
 

カテゴリ

ファン
相互リンクサイト様

相互リンク募集中です!
漫画、アニメ、懐メロなど関連サイト運営の
方コメント欄からお願いします^^;
フィードメーター - 昭和漫画"ボクらのヒーロー達"FX
無料 アクセス解析
QLOOKアクセス解析


最近のコメント
Tag Key Words
Copyright © 昭和漫画"ボクらのヒーロー達" All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。