松本あきら(後の松本零士)が昭和29年、福岡県立小倉南高等学校1年生の時に月刊『漫画少年』(学童社)第一回新人王受賞した作品『蜜蜂の冒険』ほか「火星令嬢」「冒険記」を含む"限定BOX"が小学館クリエイティブより発売されます


蜜蜂の冒険 松本零士 未発表・初期作品集 限定版BOX

特に高校2年生の時に投稿した「冒険記」は未掲載になったものの、のちのハーロックの原型になったとも言われている作品だそうです
その他、未発表作品(習作)「ドラゴンタイガー」「巨星」「探検王」「透明人間」を復刻し、回覧同人誌に発表した作品や、松本零士のインタビューも別冊で収録されています

松本零士
は当初、本名でもある松本あきら(晟)をペンネームに使用していましたが昭和43年に“零歳児の感性をいつまでも忘れずに”“毎日夜零時まで働く士(サムライ)”から「松本零士」に改名したそうです

松本あきら(後の松本零士)は少年時代から海野十三やH・G・ウェルズのSF小説を愛読し、SF漫画を好んで描いていましたがデビュー当時は不人気で打ち切りなども多く、昭和46年に自身の思惑とは離れたテーマで連載された『男おいどん』「週刊少年マガジン」で人気が出て翌年には、講談社出版文化賞を受賞しています

その後「銀河鉄道999」「宇宙戦艦ヤマト」「宇宙海賊キャプテンハーロック」などのヒット作を産み出し
漫画家生活60周年を迎えた松本零士、今後のイベントや出版などから増々目が離せませんね


■松本零士:関連記事

光速エスパー 松本零士 版 復刻限定BOX発売
松本零士 漫画家生活60周年記念展「松本漫画の華麗なる宇宙展」
「松本零士の世界」原画や秘蔵コレクション公開4月26日から福岡アジア美術館で
松本零士デザインの万年筆「SAILOR9」500点限定で発売
『宇宙戦艦ヤマト2199』33年ぶりのテレビアニメ好発進
映画「キャプテンハーロック」製作費3000万ドルの最新映像公開


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ