昭和44年10月5日から前番組「忍風カムイ外伝」の後番組として、フジテレビでアニメ放送が始まった今や日曜日の国民的アニメ『サザエさん

この『サザエさん』の主題歌とエンディング曲を歌っている歌手の方をご存知でしょうか?
名前は、宇野ゆう子さんです

 
 
宇野さんは昭和44年の放送開始前にオーディションに抜擢され、最終候補に残り見事オーディションに合格しました
最終候補には、由紀さおりさんも残っていたと言います

そんな宇野ゆう子さんが、先日バラエティ番組で『サザエさん』の主題歌事情を暴露してしまいました^^;
当時、子供向けの歌ばかりを歌っていた宇野さんは、一曲3,000円のギャラで歌っていたそうで『サザエさん』も他の仕事同様に3,000円で引き受けたっていうから驚きです

サザエさん 主題歌

サザエさん エンディング曲


でも、44年間も毎週テレビから流れるわけですから「印税はさぞかし・・・」
すると宇野さんは「歌唱印税はテレビに出ているものは、全くなし」と当時の契約で、アニメ放送分の印税は0円だと明かしました

しかし、印税のひとつ「録音使用料」というのが有るそうなのですが、これはCDやレコードの売る上げのいちぶから作詞家、作曲家、演奏家に分配されるため番組の中では明かしませんでした

その他に全く入らないかというと、カラオケなどの使用分は年間約15万円の収入になるとか

いや〜驚きました、オーディションを受けた時にこんな「お化けアニメ」になると、誰も想像できなかったでしょうから、決まった仕事を、決まったギャラでこなす
それしか出来なかったんでしょうねぇ〜当時は、放送使用料がもし入るような契約だったら・・・
タラレバですが、凄いことになってたかも知れませんねぇ〜

番組の最後に宇野さんは、『サザエさん』のエンディング曲について、実は放送で使用されている曲は1番ではなく、2番なのだと言います
1番の歌詞に「2階の窓」という歌詞が登場するそうなのですが、磯野家は平屋で2階は存在せずアニメの内容にそぐわないため2番を使っているそうです

それにしても、音源は今も当時録音したのものを使用しているそうですから・・・
やっぱりギャラ安すぎですよね^^;

■長谷川町子:関連記事
いじわるばあさん 長谷川町子 昭和41年〜47年
サザエさん展〜長谷川町子とその時代展〜新潟市美術館で開催


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ