おらぁグズラだど』は昭和41年に「週刊少年サンデー」に笹川ひろしが連載した
オンボロ怪獣クズラ」を原作とする
タツノコプロダクションが手がけた初のギャグアニメで

宇宙エース』『マッハGoGoGo』に続くタツノコプロダクションとして
第三作目にあたるアニメで
放送はフジテレビで、毎週土曜日19:00〜19:30の放送枠で
翌昭和43年の3月まで全26話が放送されました

お
らぁ グズラだど【上】 (マンガショップシリーズ 259)
おらぁグズラだど 上

アニメは20年後の昭和63年にも、テレビ東京系でカラー化され
リメイク放送で全44話放送されてもいます

おらぁグズラだど』のアニメでまず初めに思い出すのは
主人公「グズラ」の間の抜けた「」と

オープニングの
おーら〜グズラだドッヒヒッヒヒ〜♪ という印象的なテーマソングですね^^;

あの「グズラ」の間の抜けた声は「ハクション大魔王」なんかでお馴染みの
声優「大平透」さんでした

おらぁグズラだど Youtubeアニメ


また『おらぁグズラだど』のオープニング曲を歌っていたのは
クレージーキャッツの「谷啓」さんでしたよね
ちなみに作詞は『いじわるばあさん』でお馴染みの「青島幸男」さんでした

いきなり「おーら〜グズラだドッヒヒッヒヒ〜」と超高音で始まる
このテーマソングのおかげで、すんなりアニメの世界に入り込めたように思います

おらぁグズラだど』のあらすじは

ビックラ山の噴火から出てきたタマゴから生まれた怪獣「グズラ」が

人間界の「ヌケ田家」の凡太スズちゃんに拾われ

そのままヌケ田家に居候し、好奇心旺盛なドジな「グズラ」は

東北弁で喋る、ドジで食いしん坊な怪獣ですが金属を食べると

一万倍の力を発揮しました

そんな「グズラ」が人間界で大騒動を巻き起こす・・・


同じ時期に放送されたアニメ『ちびっこ怪獣ヤダモン』同様に
怪獣ものギャグアニメ(漫画)『おらぁグズラだど』は
怖い『怪獣』から ⇒ 身近な『快獣』になった、この年代の非常に懐かしい作品ですね^^;


■タツノコプロダクション:関連記事
ちびっこ怪獣ヤダモン うしおそうじ(ピー・プロダクション)昭和42年
いなかっぺ大将 川崎のぼる 昭和42年
映画 ガッチャマン Gスーツ画像公開
宇宙エース 竜の子プロダクション 昭和40年〜41年
忍者部隊月光 吉田竜夫 昭和39年〜41年


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ