今回あらたに発見されたのは手塚治虫が描いた初期の代表作「メトロポリス」(昭和24年)や
有尾人」のために描きながら、使われなかった7枚のほかに

手塚治虫の「構想ノート」にあらすじとタイトルだけ、記されていた
浮標島」という未発表の"幻の作品"も1枚見つかったそうです

この原画は、漫画家松本零士さんが自宅の資料整理をしていて見つけたもので
以前に、古書店などから買ったものだそうです
手直し後に不要になった原稿と見られ「若き日の手塚さんの試行錯誤が見えて興味深い」と
松本さんは語っています

手塚治虫 超人ミッチー.jpg
「メトロポリス」の前のタイトル案
「超人ミッチー」のロゴを描いた扉絵
 
手塚治虫 メトロポリス.jpg
漫画家の松本零士さんが保管していた
手塚治虫さんの未発表原稿「メトロポリス」
 

原稿はほかに「一千年后の世界」(昭和23年)「浮標島」(未発表)
9枚ともB6版で、2色刷りも含まれています

手塚治虫 一千年后の世界.jpg
一千年后の世界
手塚治虫 浮標島.jpg
浮標島

手塚治虫 有尾人.jpg手塚治虫 有尾人-2.jpg手塚治虫 有尾人-3.jpg
有尾人

メトロポリス」は近未来の世界を描いたSF作品で
ミッチーというキャラクターが登場するらしく
原稿には「長編冒険漫画 超人ミッチー」とタイトルが書かれた扉絵も有ることから
手塚プロは、タイトルを「メトロポリス」に改題する前のものとみているそうです

今回初めて原稿の存在が明らかになった「浮標島」は平成5年に手塚さんの自宅で見つかった
構想ノート」にタイトルとあらすじだけが記されていた
幻の作品で、今回初めて原稿の存在が確認されました

なお今回見つかった原画の実物は、6月29日から東京都近代美術館で特別展示されるそうです
昭和の漫画の礎を築いた故手塚治虫先生の残された
貴重な"幻の原画"大切に保存していただきたいと思いますね



メトロポリス/手塚治虫 

有尾人 手塚治虫 

一千年后の世界/手塚治虫 


■手塚治虫:関連記事
鉄腕アトム 手塚治虫 昭和38年〜41年
ビッグX(ビッグエックス) 手塚治虫 昭和39〜42年
W3(ワンダースリー) 手塚治虫 昭和40年〜41年
ジャングル大帝手塚治虫 昭和40年〜41年
マグマ大使 手塚治虫 昭和40年〜42年
第17回手塚治虫文化賞 大賞は原泰久「キングダム」


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ