佐武と市捕物控』は石ノ森章太郎原作の漫画で
当初昭和41年に「週刊少年サンデー」に連載されたいましたが
2年後の昭和43年に「月刊ビッグコミック」に連載場所を移し
連載された、時代物ミステリー漫画でした


佐武と市捕物控』を子供の頃に初めて読んだ時
シリアスで大人向けの漫画という印象が強かったですね

盲目の按摩師「」と下っ引の「佐武」が事件を追いながら
謎を解き明かしていくミステリー漫画でした

同じ時代劇漫画の白土三平が描く『サスケ』『カムイ』『カムイ外伝
のよに孤高孤独な世界観ではなく
石ノ森章太郎でなければ描けない、時代物漫画の世界が
そこには確かに有りました

佐武と市捕物控』のテレビアニメは昭和43年から翌49年にかけて
アニメ放送としては異例の午後9時に放送されましたが
半年後に午後7時に放送時間が変更されています

佐武と市捕物控 Youtube動画


所々に実写映像を挟みながらの
実験的なアニメ手法も用いられたアニメ作品でも有りました

また『佐武と市捕物控』のドラマは
昭和46年に『十手野郎捕物控』というタイトルで
佐武役を「なべおさみ」、市役を「藤岡琢也」で
制作されています

昭和56年にも「三浦友和梅宮辰夫」のコンビでもドラマ化されています


佐武と市捕物控 関連グッズ


    


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ