マグマ大使』は手塚治虫原作の漫画で
月刊誌「少年画報」に連載され
翌年の昭和41年に同名で特撮"実写版"としても放映されました



この『マグマ大使』"実写版"は同じ手塚治虫のマンガアニメ
W3(ワンダースリー)の後番組として
フジテレビ系で放映されたのですが

前番組アニメのW3(ワンダースリー)が裏番組の
ウルトラQに視聴率を奪われたため
フジテレビが東急エージェンシーに依頼し
ピー・プロダクションが制作しました

マグマ大使』は漫画と"実写版"ではストーリーが少し異なり
漫画では余り登場しない怪獣が"実写版"では頻繁に登場したのは
当時人気が出だした"怪獣人気"にあやかろうと・・・

私が『マグマ大使』を初めて知ったのは
やはり散髪屋の待合で「少年画報」を読んだ時でしたが

PC/スマホで 『マグマ大使』を無料で、立読みしてみる…?


しばらくして"実写版"のドラマが始まり
もっぱらテレビで見るようになりましたね

マグマ大使 主題歌Youtube動画


キリリッとした面立ちに"ロン毛のマグマ大使"と
強面の顔に"オバちゃんパーマのゴア"が印象的でしたが

『マグマ大使〜!』
♪ピロピロピィー ♪ピロピロピィー ♪ピロピロピィー

マモルが笛を吹くと、助けに来てくれるマグマ大使一家
一度吹けば「ガム」が二度吹けば「モル」が、そして三度吹けば「マグマ大使」が
子供でしたから当然この"笛"メチャ欲しかったですねぇ^^;

ちなみに実写版『マグマ大使』の最終回「宇宙の帝王ゴア対マグマ大使 最後の戦い」で
ゴアゴンゴン(←ゴアの正体)を倒して地球の危機を救ったマグマモルガム
マモル達に別れを告げて、オリンポスの神々の元へ旅立ったアースに導かれ
飛び立っていきますが・・・どこに行ったかは不明です^^;


マグマ大使 関連グッズ


■手塚治虫:関連記事
鉄腕アトム 手塚治虫 昭和38年〜41年
ビッグX(ビッグエックス) 手塚治虫 昭和39〜42年
W3(ワンダースリー) 手塚治虫 昭和40年〜41年
ジャングル大帝 手塚治虫 昭和40年〜41年
第17回手塚治虫文化賞 大賞は原泰久「キングダム」
手塚治虫 幻の作品「浮標島」ほか未発表原稿9枚発見される!


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ