遊星少年パピィ』はフジテレビ系で放送されたアニメで
昭和40年からから『鉄人28号』の後番組として
江崎グリコがスポンサーの「グリコ劇場」枠の第2作でしたね

漫画も横山光輝の弟子、井上英沖により漫画雑誌「少年」にも
並行して連載されていました


マンガショップシリーズ 遊星少年パピイ 完全版 上/吉倉正一郎/...

遊星少年パピィ』と言えば
「ピー、パピイ!!」という変身の時の掛け声が蘇りますよね

あのペンダントは"メタライザー"と言うそうで
通信機能も兼ね備えていたそうです

マンガ本は買ってもらえなかったので
私にとっては、テレビアニメの印象が強い作品ですね

遊星少年パピイ オープニング主題歌Youtube動画


今見ると「グリコ!グリコ!」と連呼しすぎですね^^;
サブリミナル効果を狙い過ぎでしょ

鉄腕アトム」や「鉄人28号」などのSFアニメがヒットしたため
この頃"雨後の竹の子"のようにSF少年ヒーローが登場しました

スーパージェッター」「宇宙少年ソラン」「宇宙エース
そしてこの『遊星少年パピィ』など

NHKでも「宇宙人ピピ」というのを放送してましたから
当時SF物が流行っていたんですね

私が『遊星少年パピィ』とよく勘違いしてしまうのが
この翌年に発表された「遊星仮面」だったりします

もっとも「遊星」しか似てないんですけどね^^;


遊星少年パピィ の大まかなストーリーは

地球を除く太陽系の9個の惑星の人々は
高度な文明を誇っていたが、野蛮で戦争や犯罪の絶えない地球を警戒していた

優れた頭脳と強い正義感を持つクリフトンの勇敢な少年パピイは
そんな地球の平和を守る事を依頼され、大好きな母とも長の別れになるのを承知の上で
記憶を消されて地球に到達

地球人に姿を変え、到達地の近所の牧場に住む少女リコと仲良くなり
彼女の家に、家族同然に暖かく迎え入れられる

次々と起こる凶悪事件に対し、パピイは通信機兼用ペンダント・メタライザーを手に持ち
「ピー、パピイ!!」と叫ぶ事で、クリフトン星にいた時と同じ遊星少年モードに変身

アラビヤ(あくまで架空の国)の魔法使いアジャババ、力自慢だが心は優しい
元プロレスラー・ストロングらの協力を得て
飛行能力や超パワー、そしてメタライザーからのビームで様々な悪人を退治していく・・・



遊星少年パピィ』は"変身モノ"では珍しく
"等身大で変身"して強くなるという先駆け的な作品でもありました


遊星少年パピィ 関連グッズ

   


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ