ジャングル大帝』は手塚治虫の漫画で、アフリカのジャングルを舞台に、
白ライオンの主人公レオを中心にして
一家三代とムーンライトストーンを巡り
争奪戦を繰り広げる人間たちの群像を描く昭和漫画でしたよね

ここではテレビアニメ(第一作)の年代として取り上げています
私が『ジャングル大帝』を知ったのはこのアニメが初めてで
冨田勲の壮大なイメージのオープニン曲が印象的でした

雑誌連載自体は、な〜んと!昭和25年までさかのぼり
漫画少年』に昭和29年まで全43話が連載されたのが始まりです

ジャングル大帝(1) (手塚治虫漫画全集 (1))
手塚治虫漫画全集 ジャングル大帝 1/手塚治虫【RCP】

テレビアニメはこの年昭和40年(第一作)を皮切りに、
平成21年の第四作まで制作されていますし

カラー長篇漫画映画化や『鉄腕アトム』に続きアメリカにも
Kimba the White Lion』としてアニメ販売もされています

ジャングル大帝 オープニング主題歌 Youtube動画


後に平成6年公開のディズニー映画『ライオン・キング』との類似性が
日本で話題になりましたが

ディズニー側の「模倣」を否定するコメントに対し
手塚治虫を敬う漫画家の「里中満智子」は
ディズニー作品を配給するブエナ・ビスタ・インターナショナルへ
質問状を送っています

その質問状には、ちばてつや、藤子・F・不二雄、水島新司、永井豪、
モンキー・パンチ、矢口高雄、一条ゆかり、弘兼憲史、杉浦日向子
ら約80名の
漫画家が賛同し、計488人の署名が添えらていたそうです

最終的には「手塚治虫がディズニーファン」で有ったことで
長男の手塚眞氏はディズニーと「事」を構えなかったらしいです

でも、もしこれが逆の構図だったなら
コテンパンにやられてるでしょうね、相手は世界の"ディズニー"ですからねぇ^^;


PC/スマホで 『ジャングル大帝』を無料で、立読みしてみる…?



主人公「レオ」のキャラクターも"埼玉西武ライオンズ"のキャラクターとして
定着していますが、何でも当時のオーナー「堤義明」氏から手塚治虫に
直接電話で依頼があったそうで、使用料は三千万円とか・・・

そして実はあの「レオ」のキャラクターイラストは
「レオ」では無く、レオの父親の「パンジャ」だという事を
手塚治虫は後に語っています

これは後々のアニメ制作の「版権問題」を複雑化させないための
手塚治虫の方便のようでもありますが・・・


ジャングル大帝』の昭和25年当時「漫画少年」に連載されていた
復刻版は現在3種類出ているようです


漫画少年版 ジャングル大帝 豪華限定版

漫画少年版 ジャングル大帝 普及版1


漫画少年版 ジャングル大帝 普及版2




虫プロダクション 公式
ジャングル大帝



ジャングル大帝 関連グッズ




■手塚治虫:関連記事
鉄腕アトム 手塚治虫 昭和38年〜41年
ビッグX(ビッグエックス) 手塚治虫 昭和39〜42年
W3(ワンダースリー) 手塚治虫 昭和40年〜41年
マグマ大使 手塚治虫 昭和40年〜42年
第17回手塚治虫文化賞 大賞は原泰久「キングダム」
手塚治虫 幻の作品「浮標島」ほか未発表原稿9枚発見される!


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ