カムイ伝』は白土三平の長編忍者劇画で昭和39年から46年まで
「月刊漫画ガロ」に連載されていました
この連載中に"スピンオフ"的作品『カムイ外伝』を「週刊少年サンデー」に
不定期で連載されています

カムイ伝』は第二部まで発表されていて
現在第三部の発表が、待たれているといいますから
なんと息の長い『漫画』なんでしょうか^^;


カムイ伝 ハードカバー版

カムイ外伝』は『忍風カムイ外伝』として
昭和44年にアニメ放映されましたので
やはり私の印象が深いのは『カムイ外伝』でした

ここで『カムイ外伝』の事を書くとややこしくなるので
多くは語りませんが
アニメ『忍風カムイ外伝』のテーマソングは
今聞いても、いいですね〜水原弘の声がシブイです^^;

■『忍風カムイ外伝』主題歌 OP ED YouTube動画


カムイ伝』は私の大好きな「白土三平」作品でしたので
散髪屋の待合で、食い入るように読んだものです

子供の頃に出会った「白土漫画」は今思い起こすと
子供にとっては結構グロテスクな面もありましたね

首は吹っ飛ぶわ、腕はブチ切れるわ、血は噴出すわ
「漫画」というよりは「白土劇画」でしたね カムイ伝[文庫版]

カムイ伝』の時代背景は江戸時代で
主人公『カムイ』は階級社会の最下層「非人部落」の出で
熱血漢でした

カムイ』は物乞いに甘んじる部落の連中を嫌って
自由と誇りを求め単身で生きようとしていましたが
百姓小頭たちに非人の子供が殺され、復讐のために
立ち上がったが、あっけなく捕らえられ
斬首の刑に処せられる・・・


ええっ!カムイ死んじゃうの〜〜?


と思っていたら、死んだはずの「カムイ」が再び姿を現す
なぁ〜んだ「カムイ」生きてるやん

・・・が
それは元の「カムイ」ではなく「双子」の兄だったのです
 
容姿が「弟カムイ」と瓜二つの「兄カムイ」が以後主人公となり
熱血漢の弟に比べ、冷静沈着で喧騒を嫌い
強くなることが唯一の自由と信じ
その信念が自らを忍の道へ突き進んで行く・・・

登場人物も多く、時代背景や人間関係も複雑な『カムイ伝』を
この頃の私は、一体どんな気持ちで読んでいたのやら^^;

連載開始からすでに50年近く経った今も
カムイ伝』は未完であり
白土三平自身も、漫画家生活の大半をこの作品に費やし
白土三平のライフワークとも言われている作品です



カムイ伝 関連商品



■白土三平:関連記事
サスケ 白土三平 昭和36年〜41年
忍者武芸帳 白土三平 昭和34年〜37年
少年忍者『風のフジ丸』 白土三平 昭和39年〜40年
カムイ外伝 白土三平 昭和40年〜42年


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ