サスケ』は白土三平の代表作の一つで、徳川方の刺客達との戦いを通じて
甲賀流のサスケの活躍と成長が描かれていました

サスケ Complete BOX 上 [DVD]
サスケ1 [第1〜3話収録]■原作:白土三平...

かわいらしい絵柄とは裏腹に情け容赦のない展開で登場人物が死んでゆき
当時の漫画とは一線を画した作品だったですよね

真田幸村の配下、甲賀忍者の父 大猿大助と優しいサスケの母
ある日サスケの母は、大猿を追ってきた服部半蔵の娘に殺されてしまい

忍者の父から「猿飛の術」「分身の術」「微塵がくれの術」など甲賀流忍術を受け継ぎ
ながらサスケは成長していく

父は長い放浪の末、サスケと共に隠れ里に移り住み
平穏な日々を過ごしていたが・・・
隠れ里壊滅の際に脱出する人々を手助けする道中に半蔵によって
仕掛けられた罠によりサスケの父、大猿までも死んでしまうのです・・・


一人ぼっちのサスケ、ああ運命やいかに・・・ ^^;


どちらかと言うと、私は漫画も読んだ記憶は有るのですが
やはりテレビ漫画の方が、強く記憶に残っています

テレビ漫画は「少年忍者 サスケ」として
昭和43年からTBSで放送が開始されています

何と言ってもテレビ漫画の、悲哀のあるオープニングテーマと
「光あるところに 影がある・・・」
から始まるナレーション 覚えてますか? 泣けませんでした?

そしてエンディングの
来るぞ 来るぞ 来るぞ 来るぞ 手強いぞ〜♪
行けよ 行けよ 行けよ 行けよ 負けるなよ〜♪
エンディングの歌も好きだったな〜

■サスケ 主題歌オープニング YouTube動画


■サスケ YouTube動画


■白土三平:関連記事
忍者武芸帳 白土三平 昭和34年〜37年
少年忍者『風のフジ丸』 白土三平 昭和39年〜40年
カムイ伝 白土三平 昭和39〜46年
カムイ外伝 白土三平 昭和40年〜42年


最後までお読み頂き、ありがとうございました

もしも、この記事がチョッピリあなたの為になりましたら・・・
 ↓ランキング クリックのご協力をお願いできると涙チョチョ切れます(。・_・。)/
にほんブログ村 漫画ブログ 名作・なつかし漫画へ